資料やマニュアルの文書管理・共有ツール「ActiBook Docs(アクティブックドックス)」

ActiBookオプションサービス

Actibookオプションサービス

ActiBook Docs(アクティブックドックス)

ActiBook Docs(アクティブックドックス)の開発背景

近年大手小売チェーンなど、全国に多数のスタッフを有する企業において
「タブレット端末を社員に配布し、社内文書や動画化したマニュアルの閲覧や改訂管理を行う」という利用が増加しています。
しかし、こうしたサービスの構築は非常に高価であることや、専門の運用人員を配置することが必要であったため、
一部の企業しか利用できない状況でした。

そんな中、不特定多数の人に情報を公開する以外にも社内の特定の人で文書管理を目的として『ActiBook Cloud Suite』や『ActiBook Custom4』を導入するお客様が昨今増えてまいりました。

そこで、「情報を届けたい相手に確実に届けるタブレットコンテンツソリューション」にコンセプトをしぼることでもっと便利に、もっとシンプルに、従来のアプリケーションでは実現できなかった新しい体験を提供したいと我々は考えました。

『ActiBook Docs』は今まで提供してきたActiBookのノウハウを集約し、このような背景の中で開発されたのです。

 

ActiBook Docs(アクティブックドックス)の開発背景
ActiBook Docs(アクティブックドックス)とは

『ActiBook Docs』とは、業務マニュアルや営業用のカタログなど今まで「社内で作成・保有し」「紙中心で運用」していたビジネスドキュメントと動画を活用し、CLMを実現する事が出来る電子ブックソリューションです。
ActiBook Docsにより社員・スタッフが使用するタブレットにプッシュ通知で配信することで見落としを防ぎ、改版・閲覧状況の管理を行う事で資料のセキュリティを高めるだけでなく、業務やドキュメント改善につなげていくことが出来ます。

具体的な特徴としては、閲覧者は『ActiBook Docs』アプリを通じて、
資料の配信通知を受け取ると、資料(電子ブックと動画)がダウンロードされるため、オフライン環境でもいつでも閲覧できるようになります。
また、配信者は、部署や役職といった属性に応じて配信することや、配信時間を設定できる他、「誰が、いつ、どのマニュアルを閲覧したか?」
といったログを確認することが可能となります。

更には、スマートデバイスを紛失した際のリスクや古い資料の誤使用リスクから重要な資料を守るため、
配信者側でダウンロードされた資料を強制的に削除・改版することも可能です。

 

ActiBook Docs(アクティブックドックス)とは
配信者側のメリット

管理者・配信者側のメリットとして以下のような項目があげられます。

  • 指定した日時に配信が可能
  • プッシュ通知にて届いた事を知らせることが可能
  • 権限に応じて個別/グループ毎に配信が可能
  • 古い資料を上書きし常に最新版を提供が可能
  • デバイスを紛失した際に遠隔でアカウント停止が可能
  • ユーザー毎の閲覧履歴の確認が可能

閲覧者側のメリット

閲覧者・ユーザー側のメリットとして以下のような項目があげられます。

  • コンテンツ内の全文検索が可能
  • オフラインでも閲覧が可能
  • 動画の閲覧が可能
  • お気に入り機能で資料の即座の呼び出しが可能
  • 1台の端末を複数人でもセキュアに使用が可能

ActiBook Docsビューア機能

ActiBook Docsのビューアの機能一覧をご紹介します。

ActiBook Docsビューア機能
iPad・タブレットのビジネス活用