ニュース一覧

SaaS型電子ブック作成サービスの提供開始

月額9,800円から電子ブックの制作が可能に

スターティア株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 兼 最高経営責任者:本郷秀之、証券コード3393、以下「スターティア」)の子会社で、670 社以上※に電子ブック作成ソフト提供するスターティアラボ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:北村健一、以下「スターティアラボ」)は、電子ブック作成ソフトをSaaS 型で提供するサービス『デジタリンク アクティブックSaaS(サース)』(以下「ActiBook SaaS」)の提供を開始いたしました。
『ActiBook SaaS』は、『アクティブック』をインターネット上で利用できるサービスで、ユーザーは所定のサイトにログイン後、PDF ファイルをアップロードするだけで、電子ブックを作成することができます。

『ActiBook SaaS』の一番の特徴は、低価格で『アクティブック』を利用できる点にあります。
従来、提供を行っている『アクティブック』のソフトウェア版では、初期費用150 万円からとなっておりますが、本サービスでは、機能を一部制限し、またSaaS 型での提供としたことで、月額費用9,800 円、初期費用98,000 円という低価格を実現しました。
またもうひとつの特徴として、SaaS 型のサービスである為、ソフトウェア形式では難しかった複数拠点での利用など、インターネットが利用できる環境であれば、どこでも電子ブックの作成が行えるようになります。

本サービス開始の背景として、『アクティブック』は、これまでソフトウェアでの提供を行って参りましたが、電子ブック市場の拡大と共に出版社や印刷会社といった電子ブックを大量に求める業種以外からも、電子ブックの利用を求める声が増加してきておりました。
しかしながら、電子ブックを大量に必要としない業種においては、現状のソフトウェア版は高価である場合があったことから、より多くのユーザーが利用しやすいよう、低価格で利用できる本サービスを開始いたしました。

尚、本サービスは、ライトユーザー向けの製品『アクティブックイージー』をベースにしている為、機能を制限する一方、従来と同様にシンプルな操作方法に設計されており、サイトにログイン後、最短3 クリックで電子ブックの作成が可能です。
本サービスの提供開始により、出版社や印刷会社だけでなくBtoB の企業など、これまで部分的に電子ブックの利用を求めていた層への展開が広がるものと予測しており、スターティアラボでは電子ブック業界における業界標準となるべく、今後も積極的に拡販を行っていく予定です。
※2010 年4 月数値。

■提供価格
・ライトプラン :容量200MB、月額費用9,800 円、初期費用98,000 円
・スタンダードプラン:容量1GB、月額費用19,800 円、初期費用98,000 円
(両プラン共に最低利用期間は1 年間。税抜価格)

 
関連URL:
・『アクティブック』 http://ebook.digitalink.ne.jp/

【『Digit@link ActiBook(デジタリンクアクティブック)』とは】
スターティアラボ株式会社が提供を行う電子ブック作成ソフトです。
ソフトウェア版は、初期費用150 万円(iPhone /iPad 対応版は200 万円)(税抜)。ソフトウェア版では、制作冊数やページ数、保存用サーバなどにかかる追加費用は一切かからず、何冊・何ページ制作してもソフトウェア料金以外はかからない。さらに、作成したブックを販売、無料配布することもできます。既に株式会社小学館、株式会社角川グループパブリッシングなど出版社を中心に670 社以上※の採用実績があります。

【スターティアラボ株式会社の概要】
東京都新宿区に拠点を置き、電子ブック作成ソフトの提供・WEB構築を行う会社。
2009年4月に通信機器販売を手掛けるスターティア株式会社(東証マザーズ:3393)より分社化(完全子会社)。
主な事業内容は、Webサイトの企画・制作・コンサルティング・運営・保守やWebアプリケーションの企画・開発・販売・保守。

≪本件に関するお問い合わせ≫
スターティアラボ株式会社
〒163-0919 東京都新宿区西新宿二丁目3番1号 新宿モノリスビル19階
Tel 03-5339-2105 FAX 03-5339-2110
e-mail: info@startialab.co.jp
URL: http://www.startialab.co.jp

2010年7月1日
スターティアラボ株式会社
代表取締役社長 北村 健一