WEB制作・システム会社にて、ログ解析を活用したサンプリング調査・マーケティングをすることができる「ActiBook」

電子ブック作成ソフトActiBook 活用方法

活用方法

WEB制作・システム会社

ログ解析でマーケティングが可能に

ActiBookの特長のひとつに、閲覧状況のログ解析機能が挙げられます。この機能を使い、ActiBookでの制作物をマーケティングに活かすご提案をされているWEB制作・システム会社様の活用方法をご紹介いたします。

ActiBook版ダイレクトメール(DM)でサンプリング調査が可能に

紙のDMでは見えなかった費用対効果。
ActiBook版DMなら閲覧状況のログ解析で、コンバージョン率まで把握できるようになります。

WEB制作・システム会社様のメリット

ログ解析結果を次の提案へつなげていくことで継続的な売り上げが見込める

  • サンプリング結果を分析し、次回のDM制作の改善点として活かしたり、「このページは良く見られているから、
    この部分だけ再度ハガキでDMを出しませんか?」といった、その先の提案ができるので、継続的に売り上げることが可能になります。

ActiBook版DMのご提案で受注が取りやすくなる

  • ActiBook版DMにより、お客様に以下のようなメリットが生まれるため、案件が受注しやすくなります。
お客様のメリット

効果的なDMを作ることが可能になる

  • ログ解析結果を次のDM制作に活かせるため、効率的にブラッシュアップすることができます。

コンバージョン率の向上が期待できる

  • ActiBook版のDMからECサイトやお問い合わせページにリンクしておけば、ユーザーが次のアクションを取りやすくなり、
    コンバージョン率の向上につなげられます。
費用対効果の見える電子カタログとしてのご提案

印刷物では見えにくいカタログの費用対効果を、ActiBook版電子カタログのログ解析機能を使ってご提供する提案例です。

WEB制作・システム会社様のメリット

ActiBook版電子カタログをPDFとの差別化でご提案

  • よく電子カタログの引き合いに出されるのがPDFではないでしょうか。
    この2つをログ解析の観点から比較すると、PDFの場合は、ファイルを開いたかどうかまではわかっても、
    どのページのどの部分がよく見られているかなどの詳細なログは取ることができません。
    ActiBook版電子カタログでPDFとの差別化を訴求することで、案件が受注しやすくなります。
お客様のメリット

費用対効果が見えるので、カタログの予算が取りやすくなる

  • カタログは重要な営業ツールでありながら、費用対効果が見えないため予算が取りづらいとお悩みのお客様に対するソリューションとなります。
ポイント交換カタログを店頭に置いてマーケティングに活用

ActiBook版のポイント交換用カタログをダウンロードしたタブレットを店頭に置いておけば、来店したお客様にその場でポイント交換をしてもらうサービスの提供が可能です。

WEB制作・システム会社様のメリット

ActiBook版ポイント交換電子カタログのご提案で受注が取りやすくなる

  • ActiBook版ポイント交換電子カタログにより、お客様に以下のようなメリットが生まれるため、案件が受注しやすくなります。
お客様のメリット

ログ解析で、人気の高い景品を把握できる

  • カタログは重要な営業ツールでありながら、費用対効果が見えないため予算が取りづらいとお悩みのお客様に対するソリューションとなります。

顧客の利便性が向上し、ロイヤルカスタマー化につながる

  • 買い物のついでにポイント交換ができることで、顧客の利便性が向上します。
    すでにポイントを一定数集めたファンを、さらにロイヤルカスタマーに育成します。