【ebook・電子ブック作成ソフト】【iOS/Android OS/Windowsアプリ/HTML5対応】【配信管理システム】【ヒートマップログ解析ソフト】が1つになったパッケージソフト「ActiBook」

電子ブック作成ソフトCLMパッケージ ActiBook Custom4

活用方法

新聞・出版関連会社

「新聞・出版関連会社」の企業様の電子ブック活用方法をご紹介させていただきます。

書籍や雑誌の立ち読みに

実店舗の書店と同様に、ウェブ上でも書籍を立ち読みさせることによりオンラインでの購入の売上アップを促すことが出来ます。
更に、流通の関係で書店店頭に並びづらい書籍の場合、読者は実物をみる術がありませんが、ウェブ上で立ち読みさせることにより認知度を高め、
販促につなげていくことが可能です。

もっと詳しく見る


電子書籍をウェブ上で販売

電子ブックオリジナルのコンテンツ販売には印刷コストがかからないため、利益率の高いビジネスとなります。
また、印刷コストの回収がネックで出版に至らなかったような企画も実現できるようになり、出版の幅が広がります。

もっと詳しく見る


会員向けにバックナンバーを提供

会員向けに雑誌などの定期購読紙のバックナンバーを提供すで、既存の購読者の囲い込みや、新規購読者の獲得につなげます。
出版社によって有料や無料での提供方法は様々です。
電子ブック配信管理システムを利用すれば会員ごとに雑誌や新聞の閲覧権限を制限することが可能です。

もっと詳しく見る


海外展開時に電子ブックを有効活用

海外で開かれるブックフェア・展示会や、海外エージェントへのPR用の見本誌をActiBook版電子書籍で配布することで
展示会に重たい見本誌を持参する必要がなくなります。
更に今まで郵送していた献本も電子化することでメールを送るだけで済み、コスト削減が可能になります。

もっと詳しく見る


電子ブックで人気の高いものだけを出版してリスクヘッジ

通常、出版物は紙を出版したあとに電子化されて販売されますが、最近ではコミックや漫画など、まず電子書籍限定で販売することが多くなってきて
います。 電子書籍では印刷コストがかかりませんので、まず多くの電子書籍を公開し、人気の出たものだけを紙のコミックとして出版するという方法
です。 電子版として立ち読み感覚で多くの読者に書籍を読んでもらいながら、人気の高いタイトル、 評判のタイトルについて単行本化することで出版
社のビジネスと電子ブックをうまく補完させながら活用することが可能です。

もっと詳しく見る


絶版となった書籍を電子化

印刷コストの関係で、絶版になった書籍を復刊させることが難しいことは少なくありません。
そこで、多くの方が絶版本を電子書籍化しデータでの販売をされています。
電子書籍として販売することにより印刷コストをゼロにしつつ、利益をあげることが可能です。

もっと詳しく見る


紙面・記事の切り売りに

新聞や雑誌の特定の紙面や記事をクリッピングし、販売・提供することができます。
専門の雑誌や新聞を取り扱っている出版社様がよく利用されています。

もっと詳しく見る


見本誌・献本の電子化利用

献本や見本誌は印刷代の他、献本作業にかかる人件費や送料を含めると相当なコストがかかりますが、それを電子化することによって
メールでURLを送るだけで献本が可能に。
電子ブックをサーバーにアップし、パンフレットにURLをつけておくだけで沢山の方に見本誌を見ていただけます。
その中で興味を持った方だけに見本誌を送れば紙と人件費のコスト削減にも繋がります。

もっと詳しく見る


定期購読者に電子ブック版も閲覧してもらう

外国人の読者や海外の読者に電子ブック版を利用してもらいます。海外の読者は国や地域がバラバラ。
各地に紙で送るとなるとどうしても割高で提供せざるをえないのに加え、利益としても薄くなってしまします。
電子ブックにすることで海外や地方の地域に展開してもコストが安くおさえられ、結果的に読者も安く購入することがでます。
更にバックナンバーなど、在庫を抱えるリスクは高いが要望が多いものに関して電子ブックで配信することにより、
出版社、読者の悩みを同時に解決することが出来ます。

もっと詳しく見る


辞書・辞典を電子ブックでスマートに

辞書や辞典は毎年変更されるため、営業は販売のために重い辞典をを持ち歩かなければなりません。
新しくなるたびに差し替えが必要ですが、スマートフォンやスマートデバイスで辞書や辞典を持ち歩くことにより
営業の負担を減らすことが出来ます。検索や文字の書き込みも可能なので、利便性が向上します。

もっと詳しく見る


電子ブックを付録につけて差別化

付録であるDVDなど閲覧してもらう機会が低いものを電子書籍にしてその中にDVDの動画を流すことによって
多くの人に見てもらうことが出来ます。

もっと詳しく見る


絵本でのデジタル絵本活用方法

絵本を電子ブックすることにより、電子版塗り絵(何回も塗り絵が出来る)や、絵本に読み挙げ音楽や音声、動画をつけて絵本の楽しさを伝えることが
できます。 更にPCだけでなくiPhone/iPad対応にすることで、お出掛け先などいつでもどこでもお子様と一緒に絵本を楽しんでいただけます。

もっと詳しく見る


ニッチな書籍を電子書籍に

ジャンルがニッチな書籍の場合、紙で出版した場合、印刷コストが回収できるかが問題になってきますが、
それらを電子書籍にすることで、紙の出版としてはコスト面を気にして実現させることが難しかった企画でも電子ブックとして出版し、 欲しい人に欲しい分だけ届けることができるようになります。

もっと詳しく見る


電子書籍だけのオリジナル雑誌を創刊

紙媒体では存在しない、 電子書籍だけのオリジナル雑誌を創刊することででフリーミアムの電子マガジンや月額制の電子雑誌を発行し
顧客の囲い込みおよび収益向上が見込めます。
更に紙媒体の誌面に収容しきれなかったインタビューのノーカット番や使い切れなかった写真を写真集、 また企画変更によって発表できな
かった内容を電子書籍だけで発行するなどの企画を立てることも出来ます。

もっと詳しく見る


楽譜を電子化

楽曲はどんなメロディーなのか、もっと中身が見たいというエンドユーザーのために、会員制で電子楽譜をサンプルで公開、 もしくは有料で
提供することが可能になります。
電子楽譜を会員制にすることで顧客の囲い込みも出来るようになります。

もっと詳しく見る