【ebook・電子ブック作成ソフト】【iOS/Android OS/Windowsアプリ/HTML5対応】【配信管理システム】【ヒートマップログ解析ソフト】が1つになったパッケージソフト「ActiBook」

電子ブック作成ソフトCLMパッケージ ActiBook Custom4

活用方法

官公庁・団体・協会

広報誌・くらしのガイドブック等を電子化

広報誌やガイドブックを電子化し、公開している公共団体や財団法人、協会様のActiBook活用方法をご紹介します。

「くらしのガイドブック」を電子化して、より多くの方に情報を届ける

官公庁や自治体の広報誌など、公共性の高い発行物は、一人でも多くの方に見てもらう必要があります。
印刷物だけでは、各戸配布や新聞折り込み、駅・役所など公共施設への布置などを行っても、すべての人に行き渡らせることはなかなか難しいものです。
電子ブックを併用することで補完し合い、幅広い世帯をカバーできるようになるになります。

官公庁・団体・協会様のメリット

印刷物だけでは網羅できなかった層にもリーチできる

  • 特に、新聞購読率の低い若い世代、紙の広報誌を読む習慣がないデジタル世代への情報伝達が期待できます。

ActiBook版で閲覧機会を増やすことができる

  • ActiBookアプリでダウンロードしたタブレットを役所などの行政機関・出張所などへ置いておき、誰でも自由に閲覧できるようにしておけば、
    端末を持たない利用者にも電子版に触れてもらうことができます。手続きの待ち時間に必要な情報を得ることもでき、利便性もアップします。
市民・会員様のメリット

外出先・紛失したときなどに電子ブックで閲覧できる

  • カタログを失くしてしまっても、 ActiBook版電子カタログなら、PCなど各種デバイスで見ることができます。
    スマートフォンやタブレットにも対応しているので、外出先でも見ることができます。
電子パンフレットでイベントを周知し、動員数アップ!

パンフレットなど印刷物を使った集客だと、印刷コストをかける必要があります。
電子ブックなら、コストアップなしでより多くの人に周知することができます。
また、パンフレットの配布圏外に住む人へも開催情報を届けることができます。

官公庁・団体・協会様のメリット

パンフレットの増刷コストを上げることなく、より多くの人に周知することができる

  • パンフレットの増刷には、費用も期間も余計にかかります。電子パンフレットなら、増刷のコストアップなしにより多くの人へイベントの告知が可能です。

パンフレットの配布圏外で生活する人へもイベントを周知することができる

  • 電子パンフレットなら、イベント開催地から遠方に住む人など、パンフレット配布場所に立ち寄る機会のない人へのイベント周知が可能になります。

スピーディにアップでき、ユーザーに早い段階から来場予定を立ててもらえる

  • パンフレットの印刷データができあがったら、印刷を待たずに電子化、公開することで、ユーザーに早い段階から来場予定を立ててもらえます。
市民・会員様のメリット

電子パンフレットを片手に会場を見て回ることができる

  • 会場で、スマートフォンやタブレットにダウンロードした電子パンフレットを見ながら欲しい情報を取りつつイベントを楽しむことができます。

早い時期からイベント情報を知ることができる

  • パンフレットの配布前に、電子パンフレットから詳細なイベント情報を得ることができます。
広報誌からWebサイトへのリンクでアクセス数アップ!

広報誌からWebサイトへリンクすることで、Webサイトへの誘導が図れます。
応用として、広報誌に掲載した広告にリンクを貼れば広告主のWebサイトのアクセス数アップにつながり、広告掲載の契約が取りやすくなります。

官公庁・団体・協会様のメリット

Webサイトのアクセス数アップが見込める

  • WebサイトやSNSとの連携で、より多くの情報発信が可能となります。
市民・会員様のメリット

興味を持った記事の関連情報などの詳細を知ることができる

  • 広報誌を読んでいて興味を持った記事からリンクされたWebページを読めば、さらに詳細な情報を手軽に得られます。