【ebook・電子ブック作成ソフト】【iOS/Android OS/Windowsアプリ/HTML5対応】【配信管理システム】【ヒートマップログ解析ソフト】が1つになったパッケージソフト「ActiBook」

電子ブック作成ソフトCLMパッケージ ActiBook Custom4

お客様の声

お客様の声-週刊粧業様

化粧品・トイレタリー業界で随一の専門誌を発行する出版社

加藤様:当社は、化粧品や医薬品、トイレタリー製品を中心とした日用品などの生産・流通業界の方々へ、さまざまな情報を提供する出版社です。
具体的には、総合専門情報紙として好評をいただいている「週刊粧業(新聞)」や「C&T(雑誌)」、「日本の化粧品総覧(年刊)」、「化粧品産業年鑑(年刊)」などの媒体を通して、関連業界の健全な発展と消費者の生活向上に資する最新情報をお届けしております。
また、当社サイトでは各媒体記事のPDFデータや電子版の新聞・雑誌の販売を行うなど、ウェブにも注力しています。
このほか、大手ネットリサーチ会社の協力のもと、消費者アンケート調査の実施、データ販売を通して、メーカー様の商品開発に貢献する活動も行っています。

週刊粧業様

http://www.syogyo.jp/

週刊粧業様
電子媒体に特化した会社だったから、安心して任せられた

電子ブックを検討することになったきっかけを教えてください。

加藤様:「週刊粧業」に関しては毎年縮刷版を発行しており、1,000ページ近いボリュームがあります。これをもっとコンパクト、かつリーズナブルに購読者の方々へ提供できないかと考えたのが、検討する事になったそもそものきっかけです。 当初はCD-Rによる販売を検討していましたが、それでは時代遅れではないかと。 もっと業界をリードする最新媒体で刊行できないかと模索していました。

一方で、ちょうど同時期に当社ウェブサイトのリニューアルプロジェクトが進んでおり、そのなかで電子化された記事の販売・提供をしたいという構想もありました。
それは、自社で構築したシステムを使ってPDFの記事を提供するというもので、この段階では「電子ブック」を利用するという発想はまだなかったのです。

そんなとき、たまたま開催されていたクラウドコンピューティングの展示会で、スターティアラボさんのブースを訪れたとき、電子ブック作成ソフトActiBook(アクティブック)を知りました。
「これを使えば、いまある課題を解決できる」と直感的に思いましたね。電子ブックなら、コストメリットをユーザーに提供できるのではないかと。 それから、リニューアル後のサイトでは電子ブックを活用しようと検討し始めたのです。

ActiBookを選んだ理由は何ですか?

加藤様:次の3点が、決め手となりました

(1)電子媒体に特化したシステムソリューションを提供している会社であったこと

先ほど申しあげたように、当初は自前のシステムを構築して記事を販売する予定だったのですが、電子媒体に特化した会社のシステムを使ったほうが、確実にいいものが提供できるだろうという安心感がありました。

(2)買い切り型である

部数やページ数に関係なく電子化できることも魅力でした。

(3)出版関連企業をはじめ、導入企業が多かったこと

実は、当社とも取引のある出版社もActiBookを導入していることがわかり、それなら信頼できるツールだろうと期待できたのです。

週刊粧業様
週刊粧業様
カスタマイズも柔軟に対応。バージョンアップの情報に期待感を抱く

実運用はどうご利用いただいていますか?成果などもありましたらお願いします。

加藤様:導入当初の話ですが、電子紙面を販売することが紙媒体にマイナス影響を与えるのではないかという懸念がありました。

これを最小限に抑えるため、「1IDで1人(1台のパソコン)しか閲覧できないようにする」という環境構築は、絶対に譲れない要件でした。
こうした課題の解決にも、スターティアラボさんには柔軟に対応していただけましたし、営業の方をはじめ、システムの方にも深く感謝しております。

また、電子本棚サービス【ActiBook Manager2】を利用しているのですが、過去から最新版までの紙面を電子ブック化して会員向けに有料で公開しております。
更に、「週刊粧業」「C&T」をはじめ4つの媒体でバックナンバーの横断検索ができるのですが、それも会員IDごとに閲覧制限をかけられるよう「カテゴリ管理機能」も付加し(※1 ActiBook Manager2のテンプレート機能)、多様に活用しています。

それと、バージョンアップの情報を逐一メールなどでお知らせしていただけることは、とても頼もしく感じます。
これだけIT進歩の早い時代ですから、システムのバージョンアップは必至です。それを常に重ねている御社のシステムを利用しているわたしたちにとっては、その点を心配することなく、たいへん助かります。

成果については、まだ始まったばかりであることや購読者の方への案内が不足していることもあって、道半ばといったところです。それでも、電子版の購読者はどんどん増えています。
競合他社よりいち早く電子化に着手できたという点においても、後々に大きな差になって現れてくるのではないかと期待しています。

今後ActiBookをどういったことに活用していきたいですか?

加藤様:リニューアルした当社サイトは、業界の方にとって役に立つサイトを標榜しています。 その一環で、化粧品容器メーカー様の「カタログライブラリーサービス」を、ActiBookを活用して始めました。このカタログを化粧品メーカーの製品開発担当者様が閲覧いただくことで、高品質の商品開発、開発の早期化などに貢献できるものと考えています。 すでに2社の容器メーカー様のカタログを作成しており、両社からは好評を得ています。

今後は、より多くの容器メーカー様の賛同を得つつ、ライブラリーを充実させ、商品開発の早期化を後押しすることで、業界の発展につなげていければと考えています。

本日は、ありがとうございました!

週刊粧業様
週刊粧業様
週刊粧業様