【ebook・電子ブック作成ソフト】【iOS/Android OS/Windowsアプリ/HTML5対応】【配信管理システム】【ヒートマップログ解析ソフト】が1つになったパッケージソフト「ActiBook」

電子ブック作成ソフトCLMパッケージ ActiBook Custom4

お客様の声

お客様の声-千趣会様

「ベルメゾン」ブランドのカタログギフト制作からWeb運営まで統括

菅原様:弊社は、「ベルメゾン」等のカタログ・ネット通販などを中心に、様々な分野の事業を手がけております。そして、私の所属する法人事業部では、通販事業展開のノウハウを活かして商品開発や販売、物流などのシステム構築、良質な顧客層を強みとした広告事業など、BtoBにおける商品サービスを提供しています。最近では、カタログオーダーギフト「MUSUBI」の企画・制作・販売を行なっており、主力事業となりつつあります。この「MUSUBI」は、ベース(雑貨・体験)、グルメ、季節ごとに更新する「季節」の三冊構成となっており、結婚式の引き出物などで活用されるギフトカタログとしてご好評をいただいております。

ベルメゾンギフト/カタログギフト

http://www.bellemaison.jp/gift/specially/catalogue.html

千趣会様
クオリティを損なわず簡単に作れる電子ブックサービス「ActiBook」を見つけた

電子ブックを検討された背景をお聞かせください

菅原様:弊社が運営する「ベルメゾンネット」では、ほとんどのカタログを電子ブック形式のデジタルカタログにして公開しておりまして、制作はカタログの印刷会社に依頼していました。
「MUSUBI」も、一つの商品でありながらカタログギフトであるという性質上、ぜひ誌面を見ていただきたいので販売当初からデジタルカタログ公開をしてきました。
ただ、「MUSUBI」は他のEC事業者さまにもご採用いただいている関係で、ベルメゾンとは別仕様で一式用意する必要があり、1冊につき数種類を準備しています。さらに「季節」カタログが年3回更新されるなど展開が多く、非常に負担となっていました

そこでデジタルカタログに関しては社内で制作できないかという話になりました。
ギフトとしてのクオリティを損なわず、比較的簡単に作れる電子ブックサービスを探していたところ、「ActiBook」を見つけたんです。

ActiBookに興味を持たれた理由・導入の決め手は何ですか

菅原様:ActiBookも含め、3社の電子ブックを比較検討しました。
他の2社は、動作環境の都合でサーバを換えなければならなかったり、料金体系がページ単価になっていたりして満足のいくものではありませんでした。その点、ActiBookは現状のサーバのままでも使えますし、何ページ作成しても料金は固定。「作り放題」というところがたいへん魅力的でした。

また、既存の電子ブックと比較しても、ページをめくる滑らかな動きや表示されるまでの時間にも問題なく、様々な機能があるので、既存サイトに劣らず機能性の高いデジタルカタログが作れる、と感じたのも決め手になりました。

千趣会様
千趣会様
千趣会様
誰でも簡単に作成できる点が最高!更に電子ブックのカスタマイズも簡単

実運用はどうご利用いただいていますか?成果などもありましたらお願いします。

菅原様:誰でもすぐに作成できる点が最高ですね!
制作も営業も、誰でも電子ブックを作成できる「使いやすさ」においては、本当に素晴らしいと思います。

あまりにも簡単なので、いろいろカスタマイズして活用しています。例えば、ボタンの並び順を変更したり、背景色を変えたり。従来のデジタルカタログに似せることも容易だったので、移行もスムーズでした。

システム面も意外と簡単で、直感的にわかる構造ですよね。既存のシステムだと、システムに詳しい人間でなければ吐き出されたデータの取り扱いが難しかったりしますが、ActiBookの場合、単純明快というかhtmlのファイルとflashファイル、ページのデータファイルがそれぞれのフォルダに管理されていて、すごくわかりやすい。
ゆえに、やりたいことが自分の手で作れる。しかもクオリティの高い電子ブックが作成できるなんて、すごいサービスだなと驚きました。
おかげで、デジタルカタログ以外の新サービスにも、ActiBookを活用させていただきました。

新サービスの開発にもActiBookが貢献

その新サービスについても、お話を伺えますか?

菅原様:はい。「MUSUBI」で提供する商品の中から、いくつかの商品をセレクトしたミニカタログを電報と一緒に届ける「DENPO de GIFT」というサービスを開発したんです。 ActiBookで作ったカタログデータを電報会社様に渡して紹介ツールとしてご活用いただいているのですが、先方にもデータの見かたや操作方法をすぐに理解してもらえましたし、データのやり取りもスムーズに進めました。 新サービスもうまく軌道に乗れそうです。

実制作でお困りになったことはありましたか?

菅原様: 導入前のことですが、デモ版でテストしたとき、何故かブックが作れないという問題が起きました。そのとき、御社のサポートの方には弊社の特殊な環境にもかかわらず、調査からバッチデータの提供まで丁寧に対策を教えていただいて、無事作れるようになりました。導入後もカスタマイズの件など小さな質問でも丁寧に対応いたただいているのでとても感謝しています。

営業の販促ツールとしての活用にも期待

今後、ActiBookをどういったことに活用していきたいですか?

菅原様:従来の電子ブックにはなかった「切り抜き機能」を、弊社営業の販促ツールとして使っていきたいですね。営業の者がお客様に、カタログに掲載されている1つの商品を提案することがよくあるんです。
その際、今まではその商品画像のデータを、たくさんの商品が詰まった管理フォルダの中から探し出す作業が生じて大変だったんです。
ActiBookの「切り抜き機能」を使えば、お客様と直接やり取りするなかで電子ブックから商品を切り抜いて提案することができるでしょうし、膨大なデータの中から1つだけを検索する手間も省け、業務の効率化にも結びつくと思います。

本日は、ありがとうございました!