【ebook・電子ブック作成ソフト】【iOS/Android OS/Windowsアプリ/HTML5対応】【配信管理システム】【ヒートマップログ解析ソフト】が1つになったパッケージソフト「ActiBook」

電子ブック作成ソフトCLMパッケージ ActiBook Custom4

お客様の声

お客様の声-パディジャパン様

世界最大のダイビング教育機関の日本支部

貫井様:当社は、アメリカに本部を持つ、世界規模のダイビング教育機関の日本支部です。主に、ダイビングスクールが使用するテキストなどの教材や教育用カリキュラムの作成を行っています。 各スクールで設けられているレベル別コースの教育水準を統一するなど、教育内容から指導方法までをマニュアル化し、世界統一での質の安定化を目標に掲げています。

パディジャパン様

http://www.padi.co.jp/

パディジャパン様
買い切り型の料金体系やリッチめくり機能が魅力で導入を決定!

電子ブックを検討することになったきっかけを教えてください。

貫井様:インストラクター向けのテキストを電子ブック化したいというのがきっかけでした。
バインダー式の300ページ前後のテキストで、改訂があると該当ページを差し替えて使っていたのですが、重くてかさばり携帯に不便でした。
現在はPDFで対応していますが、他にも何かよい方法がないかと思っておりました。

ActiBookのどんなところに魅了されたのですか?

貫井様:ActiBookのほかにもう1社と比較検討しました。そして、以下の点が決め手となりActiBookを選びました。

(1)作成ブックの容量上限が設けられていないこと。

他社のサービスでは、サーバに保存できるブックの容量に上限がありましたが、 ActiBookは当社のサーバを利用するため、特に上限を気にすることなく電子ブックを作成できるのがメリットでした。

(2)買い切り型の料金体系であること。

もう1社の方は、初期費用はかからないがランニングコストがかかるというものでした。初期費用はいずれ償却できると考え、ランニングコストのかからないActiBookを選びました。

(3)リッチめくり機能があること。

ただページをめくるだけでは面白みがなく、PDFとの差別化もないと思いました。ActiBookはめくりの見た目に魅力を感じました。

パディジャパン様
パディジャパン様
パディジャパン様
数千万円単位のコストを削減! ペーパーレスで自然環境保護のPRにも

実際に運用してみて、感想や効果などがあれば教えてください。

貫井様:教材の電子化に踏み切る前に、まずは当たり障りのないものでテストケースとすることにし、当社に登録している1万人ほどのインストラクター会員向けに年4回無料発行している会報誌で試してみることになりました。

実は、会報誌の制作費・印刷費・封入費・郵送費を合計すると、年間で数千万円単位のコストがかかっていたのですが、電子ブックに完全移行したことで、費用がかなり圧縮でき、導入費用もすぐにペイできました

以前は、全国へ発送していたので、会員から「まだ届かない」という連絡をいただくこともありました。それが、電子ブック化することでタイムラグも発生しなくなりました。情報を素早くユーザーへ届けることができるようになり、良かったと思います

また、未着率の問題も解消されました。郵送の時は未着率が高く、戻ってきてしまったものについては発送方法を変えて再発送するなど、手間がかかっていました。年に1度、それまでの配達方法や業者の見直しを行うなど、未着率対策に悩まされていました。でも、電子ブックなら、URLを記載したメールを送るだけで済んでしまうんです
シーズンに合わせて、国内外のダイビングスポットを回るダイバーたちも多いので、海外にいる会員にも情報を届けられる電子ブックの意義は大きいです

このほかに、自然環境を保護するという面でも電子ブックは貢献しています。ダイビングは自然で遊ぶスポーツです。最終的にゴミになってしまう紙は極力使わないという考え方には、会員からも賛同してもらえます。

会員の反応は、やはりiPadユーザーなどからは好評です。不満などのマイナスの意見も特に届いていません。

ActiBookを活用した今後の展望があれば教えてください。

貫井様:やはり、当初の目的であったテキストの電子ブック化を実現させたいですね。会報誌は無料で配布していましたが、有償のテキストとなると、課金方法をどうするかという問題をクリアしなければなりませんが。 ただ、アメリカ本部で電子版のサンプルテキストが作成されましたし、時間の問題で、いずれは電子化されていく流れだと思います。 現在のテキストは、初級用のものでも文字量が多く、勉強色が濃いのが難点です。マーケットを広げていくためにも、学習スタイルをもっとライトに、もっとフランクで楽しいものに変えていきたいですね。動画や音声・リンクを差し込めたり、多機能でインタラクティブな電子ブックはその手段になると思っています

パディジャパン様
パディジャパン様
パディジャパン様

本日は、ありがとうございました!