【ebook・電子ブック作成ソフト】【iOS/Android OS/Windowsアプリ/HTML5対応】【配信管理システム】【ヒートマップログ解析ソフト】が1つになったパッケージソフト「ActiBook」

電子ブック作成ソフトCLMパッケージ ActiBook Custom4

お客様の声

お客様の声-マーブルデザイン様

やりたいをカタチに ○をモットーにWeb制作~システムまで手掛ける会社

前久保様:当社は今年で4期目の会社となります。Webサイトの制作が主軸の事業となります。当社の特徴は、単純に綺麗なサイトを制作するだけではなく、お客様の目的にあったサイトの構築を、デザイン~システム構築までを一貫対応できるところです。
また、当社は若いメンバーも多く、育児と仕事を両立しているメンバーや社外でバンド活動をしているメンバーもいます。社員にもやりたいことを実現できるよう、在宅勤務などの週5出勤にこだわらない働き方を認めております。お客様だけではなく、社員にもやりたいことを、しっかりと実現してもらえるような環境を整えているのも当社の特徴かもしれませんね。

マーブルデザイン様

http://marble-d.co.jp/

マーブルデザイン様
仕様書や設計書のデータ化にニーズがあると思い、ActiBookを導入を検討

どのようにActiBookを活用いただいているのでしょうか?

前久保様 浅田様:御社と知り合ったきっかけは、営業担当の方からのお電話でした。初めはARに興味があり、COCOAR(ココアル)のお話を聞きたく、御社と打ち合わせをいたしました。その打ち合わせのなかで、御社が電子ブック作成ソフトのActiBookも提供されていることも知り、一緒に導入を検討をし始めました。当初は電子ブック(ActiBook)の導入は、検討していなかったのですが、お話を聞いているうちに、「仕様書や設計書のデータ化にニーズがあるのではないか?」と思い、ActiBookの導入も検討し始めました。

ActiBook導入の決め手になったポイントがありましたら教えてください。

前久保様:ActiBookの導入に関しては、特に他社比較などはしておりません。と言いますのも、当社にとっては先述の通りCOCOAR(ココアル)の導入検討がメインでしたので、COCOAR(ココアル)も導入するなら、ActiBookも一緒に導入しようと思い、導入を決断いたしました。

  
マーブルデザイン様
ActiBookはメインのビジネスに+αできるお手軽なサービス

どのようにActiBookを活用いただいているのでしょうか?

前久保様:現在はオプションサービスの1つとして、お客様へ提供しております。
当社はWebサイトの制作がメインの事業となりますが、お客様とWebサイトの制作を進めていくなかで、雑誌や書籍、カタログなどの紙媒体の電子化に関するご相談を受けることがあります。その際に「当社でも電子ブック・電子カタログに対応できますよ」とご案内しております。
ActiBookを紹介する際は、
・スターティアラボが提供しているActiBookを活用している
・継続して電子ブック(電子カタログ)が必要な場合は、直接契約のほうが低コストの可能性がある
と、情報を包み隠さずにお話しています。
正直にメリット・デメリットを伝えることで、お客様から安心してお任せいただいているのかもしれません。

ActiBookを導入した成果はいかがでしたか?

前久保様:継続的にご契約いただいている会社様が2社、ショットでご契約いただいた会社様が1社の計3社様へご導入いただきました。
■提供例
月刊誌の電子ブック化(~100P)・・・2万円/1冊
ムック本の電子ブック化+デザイン調整+リンク設定+ログ解析・・・数十万円/1冊
もちろんその年にもよりますが、年間60万円~程度の売上にはなっているのではないでしょうか。

浅田様:もちろんメインであるWeb制作ほどの売上ではないですが、簡単に無視できない売上にはなっております。また、電子ブック・電子カタログの仕事は、簡単に作成出来るだけではなく、手離れもよいので非常にありがたいです。
内容にも依りますが、シンプルな電子ブック・電子カタログを作成する場合は、数時間~半日程度の工数となりますし、データのデザイン調整やリンク設定等を入れたボリュームのある電子ブック・電子カタログを作成する場合でも、約1週間ほどの工数で納品ができます。
基本的に電子ブック・電子カタログは、納品後大きな修正があることは、あまりないので手離れがよく助かっています。

さらに電子ブックの案件を増やしていきたい
 

今後のActiBookに期待することはありますか?

浅田様:リンク機能にて、ページ内リンクが設定できるようになったら良いなと思っております。

ActiBookを活用した今後の展望があれば教えてください。

浅田様:先程も申し上げたとおり、電子ブック・電子カタログの仕事は手離れがよく、メイン業務に+αでできますので、もっと案件数を増やしていけたらいいなと考えております。

前久保様:浅田も申したとおり、メイン業務に+αでできる案件を、あと10社程増やしていきたいですね。
また、もともとは仕様書や設計書の電子化に対応するべく導入いたしましたので、企業の電子化・データ化を提案して、導入当初に想定していた使い方でも活用していきたいですね。

本日は、ありがとうございました!