【ebook・電子ブック作成ソフト】【iOS/Android OS/Windowsアプリ/HTML5対応】【配信管理システム】【ヒートマップログ解析ソフト】が1つになったパッケージソフト「ActiBook」

電子ブック作成ソフトCLMパッケージ ActiBook Custom4

お客様の声

お客様の声-弘久社様

多摩地域に密着したオンデマンド印刷のエキスパート

平野様:当社は、45年以上多摩地域で印刷業を営んでいます。20年ほど前から他社に先駆けてオンデマンド印刷業務をスタートしました。オンデマンド印刷の技術は年々進歩していますが、近年では、一般の人が見ても、従来のオフセット印刷との違いがわからないほどのところまでクオリティが上がってきています。当社でも、2012年から、「オフセットトランスファー」(オフセット印刷からオンデマンド印刷への移し換え)を推進しています。 2012年からは電子ブックの事業もスタートし、現在、この2本を事業の柱としています。

弘久社様

http://www.kokyusha.com/

弘久社様
ポータルサイトでの情報発信の手段としてActiBookを採用

電子ブックを検討することになったきっかけ、ActiBookをお選びいただいた理由を教えてください。

平野様:印刷業は、打ち合わせや原稿の授受、色校正のやりとりなど、何度もお客様のところへ出向くため、必然的に地域密着のビジネスになります。究極は、その地域の優良企業すべての印刷を受注することになります。また、当社が根を下ろす多摩地域は、日本全国で大学や専門学校が一番多いエリアです。先ほどの優良企業と大学を併せてビジネスターゲットとしたいという思いがずっとあったのですが、東京都の経営革新事業の承認申請することになったのをきっかけに、このプランを具現化したいと考えました。同じ頃、多摩信用金庫と多摩大学が行った「多摩地域の採用実態調査」の報告会にパネリストとして参加し、企業と学生のミスマッチを防ぐ方策として、学生に地域企業の会社案内を作成してもらうことを提案、採用されました。

これらがひとつにまとまり、多摩地域の優良企業(売上高10億円以上)の企業1500社と、大学・専門学校60校の情報を一箇所に集積する受皿として「TAMAエクセレントカンパニー」というポータルサイトを作るという構想ができあがりました。“多摩地域でビジネスを営み、エクセレントカンパニーを目指す企業の経営者に有益な情報をすべて集める”というコンセプトです。

そこで、情報を掲載する手段として、電子ブックの導入を検討しました。ActiBookの他にも、もう1社比較検討しましたが、そちらは価格は安いけれどツールとしては未完成という印象でした。

導入を後押しした一番の理由は、ActiBookはログが取れるということ。導入すればTAMAエクセレントカンパニーでの利用以外にも、既存の印刷顧客に対してコンサル営業ができると考えました。「販促は、やってみないとわからない」というのが、ここ50年ほどの日本のマーケティングの常識だったのですが、ログが取れるとサンプリング調査ができるんですね。ユーザーによく見られている部分の洗い出しなどの調査結果を元に、次の印刷物の戦略を立て直すための提案営業へと広がる。ペーパーレス化が進む中、電子カタログの営業をすることで、紙の仕事が増やせるという希望が見えたんです

弘久社様
弘久社様
ログが取れることを中心にアピールして電子ブック案件を受注

実際に運用してみての感想や効果、今後の展望があれば教えてください。

平野様:電子ブック案件は、これまでに7件受注しています。営業方法は、電話でアポ取りをしたり、ダイレクトメールを出したり、セミナーを開いたりと地道な方法で行っています。クライアントへは、ログが取れることを中心にアピールしています

「TAMAエクセレントカンパニー」では、PDFの戦略的データ活用法として電子ブックの提案資料を掲載していますが、これもActiBookで作成したものです。営業にも1人1台iPadを持たせ、提案資料を入れて活用しています。

先ほどの、大学生が作る会社案内もActiBookで作成・掲載する予定ですので、そこでもささやかですが電子ブックをアピールできるのではないかと考えています。

電子ブック案件受注の目標は、2013年中に200社、2014年中に900社。現在の7社のラインから見ると高い目標にも見えますが、これは東京都への経営革新事業にも盛り込んだ目標値ですので、まずはこれを達成したいと思います。

本日は、ありがとうございました!

弘久社様