【ebook・電子ブック作成ソフト】【iOS/Android OS/Windowsアプリ/HTML5対応】【配信管理システム】【ヒートマップログ解析ソフト】が1つになったパッケージソフト「ActiBook」

電子ブック作成ソフトCLMパッケージ ActiBook Custom4

お客様の声

お客様の声-ディグ様

創業92年 専門書印刷を得意とする総合印刷会社

並木様:当社は、大正10年に東京都中央区に印刷業として創業し、92年目を迎えております。官公庁、大学、出版社などを取引先として、上製本やパンフレット、学術書などを制作物として納めています。
特殊組版技術として、工学書・理工学書など数式を満載した印刷物では、独自に開発したTeXの処理技術を採用。その表示の美しさがクオリティーを決定付ける要素となり、お客様より高い評価をいただいております。
また、最近では、組版データを活かしていち早く電子書籍・電子カタログ化を行い、さらに受注範囲を広げているところです。
従業員数50名程度の会社ですが、さまざまなニーズにお応えして培った実績を刻みながら、「“変化を考え” 、“変化を作り”、そして“変化を形に” 」をスローガンに、創業100年に向けて邁進しております。

ディグ様

http://www.dig-inc.co.jp/

ディグ様
アクセスログ解析機能に、マーケティングへの効果も期待

電子ブックを検討することになったきっかけ、
  ActiBookをお選びいただいた理由を教えてください。

並木様:数年前、組版データを活かして簡単に電子化ができるソフトを探しており、2008年から簡易版のActiBook Easy(※販売終了)を導入しました。
その後、2012年夏頃から急激に電子ブックの需要が増え、本格的に電子化に取り組もうと動き始めた矢先に、展示会でスターティアラボさんと再会し、より機能の豊富なCustomにバージョンアップすることを勧められました。
特に他社比較などは行わず、バージョンアップを決めた理由は、アクセスログの解析機能が付いている点。これなら、マーケティングツールとしても活用できると考えたからです。
書籍のようにペラペラとスムーズにめくれたり、見開きページの切り替わりの速さなど、ビューアーが優れている点もActiBookのメリットだと思います。

ディグ様
大学の学校案内など、いくつもの案件でActiBookが採用

実際に運用してみて、感想や効果などがあれば教えてください。

永塚様:当社のお客様には出版社様が多いので、都合の悪い個所で改行されてしまったり、ページ切り替えが起きてしまうリフロー型は嫌われる傾向があります。
ActiBookはラスタライズ型なので、受け入れられやすいですね。
これまでに、大学の学校案内、大学の教科書の電子化、出版社の目録や企業パンフレットのWebサイト掲載用など、いくつもの案件でActiBookが採用されました。なかには、ActiBookを提案したから受注が取れたという案件もありましたね。

ActiBookは、制作がスピーディに行えるという点で重宝しています。当社では、EPUB形式でも電子ブックを提供していますが、短時間でサンプルを作成するのにEPUBは向きません。ActiBookは、例えば急に明日の営業時にサンプルを持って行くことになった、といった場合でも対応がきくので助かっています。

また、電子ブックがどういうものなのかをご存じないお客様にも、ササッとサンプルを作成してお見せし、イメージを持っていただけますね。
EPUBでの作成になりそうな案件でも、最初の訪問では、手軽に作れるActiBookで作ってお見せするといったケースもよくあります。

他にも、印刷前の書籍データをActiBookで電子化し、お客様にその電子書籍を見ていただく事で完成形をイメージしていただくという、印刷業の補佐的な使い方でも活用しています。

ActiBookを活用した今後の展望があれば教えてください。

並木様:ActiBookを導入したことで、印刷会社でありながら印刷をしない選択肢をお客様に提示できるようになったことが大きなメリットだと思います。

理想は、紙からご提案しても、電子ブックからご提案しても、最終的に両方の受注をいただくことですが、ActiBookはPDFデータがあれば電子ブックが簡単に作成できるので、他社で印刷されたコンテンツでもWeb掲載用などに電子ブック化することを提案できるというメリットもありますね。
今後は、そういった提案もしていきたいと思います。

アクセス解析機能を活用して販促・マーケティングツールにもなれば、先述のように印刷物の制作過程で完成形を見せられる制作ツールとしても活用できる。
使い方次第で、活用幅が広がりますね。音声や動画を簡単に埋め込むことができる点もメリットだと思います。
今後も、提案型ビジネスを強化するために、COCOAR※と一緒に営業の切り口として活用していきたいと考えています。

誰でも簡単AR作成ソフト「COCOAR」

http://www.coco-ar.jp/

本日は、ありがとうございました!

ディグ様
ディグ様
ディグ様
ディグ様