【ebook・電子ブック作成ソフト】【iOS/Android OS/Windowsアプリ/HTML5対応】【配信管理システム】【ヒートマップログ解析ソフト】が1つになったパッケージソフト「ActiBook」

電子ブック作成ソフトCLMパッケージ ActiBook Custom4

お客様の声

お客様の声-エリアマーケティング研究所様

「人つくり、コトつくり、街つくり。」を経営理念に掲げる経営支援サービスベンチャー

松下様:経営理念は「人つくり、コトつくり、街つくり。」。私自身、大学卒業後、25年間ベンチャー一筋でやってきましたが、 次世代のビジネスを生み出せるベンチャースピリッツを持った社長をひとりでも多く創出し、生活者がいきいきと暮らせる地域の構築に貢献するというビジョンを掲げ、2013年に設立しました。
短い時間で膨大な情報を伝えることのできる「動画」(動画制作・配信)、導入しやすく影響力の大きな「SNS」(SNSソリューション)、特定のターゲット層にダイレクトに情報を届ける「フィールドメディア」(フィールドプロモーション)の3つの主要サービスを駆使し、わくわくする地域つくりに貢献すべく、事業を進めています。

エリアマーケティング研究所様

http://aml-inc.jp/

エリアマーケティング研究所様
ストック情報とフロー情報の中間に位置する媒体が電子ブック

電子ブックを検討することになったきっかけ、ActiBookをお選びいただいた理由を教えてください。

松下様:当社の店舗集客支援事業のひとつとして「大人のグルメ東京」「大人のグルメ静岡」という超狭小地域に特化したグルメサイトを運営しております。これらサイトからそれぞれ、電子フリーマガジンを発行しており、コンテンツの配信プラットフォームとして電子ブックの導入を検討しました。

複数サービスの中から、

(1)電子ブック制作が簡単にできる
(2)スマートフォンに対応している
(3)テキスト検索機能
(4)(株)リクルートなどの大手企業への導入実績

の4点が決め手となり、ActiBookを選びました。

Webサイトは、Pull型のPRツールなので、ユーザーが見に来てくれないと意味がありません。見に来てもらうためにはPush型のツールが必要で、メールマガジンがそれに当たります。ただ、メールマガジンは一過性のもの(=フロー)なので、ストックにはなりません。電子ブックは、その中間に位置すると思います。

メールマガジンを配信しても読まれないことも多く、開いてリンク先をブックマーク登録したとしても、ブックマークそのものが膨大になってしまい、見なくなるものが多いですよね。そこで、中間的なものが必要になってくる。それが電子ブックだと思うんです。特に、ActiBookは検索機能があり、ストック情報の役割もしてくれるので採用しました。将来的には、スマートフォンアプリも作ろうと考えていますが、それはあくまでもストック情報としての用途。電子ブックも引き続きフローとストックの中間に位置する情報コンテンツとして併用していきたいと思います。

エリアマーケティング研究所様ウェブサイト
エリアマーケティング研究所様
電子ブック活用事例
検索機能があるので、ポータルサイトがわりにも利用できる

ActiBookをどのようにご活用いただいているのかを具体的に教えてください。

松下様:ActiBookを利用している電子フリーマガジンは、「大人のグルメ東京」「大人のグルメ静岡」ファンのための会報誌という位置付けで、月刊で発行しています。フリーマガジンには、お店ごとに最新掲載情報だけを記載し、各店の記事にリンクを付けて「大人のグルメ東京」「大人のグルメ静岡」それぞれのWebサイトへ誘導しています。お客さんを育てるという視点で、Facebookとも連動させています。

ActiBookはスマートフォンへも対応しているので、身近で手軽なガイドブックとして利用してもらえますし、検索機能があるので、ちょっとしたポータルサイトがわりにも利用できます。現在、掲載店舗数が100店ほどですが、これが300、500と数が増えることで、威力を発揮すると考えています。雑誌やガイドブックをめくるように電子ブックでパラパラとお店を眺めてもらい、気になったお店はWebサイトから詳細情報を取ってもらおうという意図で使っています。

また、静岡の地域まちづくり協会がサポートする同市最大級のグルメイベント「第3回静岡おまちバル」にて、QRコード付きフライヤー配布と電子ブックのパッケージによる次世代フリーペーパーの実証実験を行いました。

トラフィック元の多くはイベント公式サイトからなので、純粋なフライヤーからのみの連携効果は測定できませんでしたが、フライヤー配布前後で単純比較すると、アクセス数は3倍になりました。

エリアマーケティング研究所 松下様
エリアマーケティング研究所様
“手軽に発行できるフリーペーパー”という感覚で制作

実際に運用してみて、感想や効果などがあれば教えてください。

松下様:電子ブックの制作は私が行っています。過去にフリーペーパーの仕事に長く携わっていましたが、イラストレーターなどの専門的なソフトを使わずに発行できてしまうフリーペーパーという感覚で、非常に手軽に発行できています。営業マンが持ち帰った情報をパワーポイントのフォーマットに載せ、PDF化してから電子ブックに変換という流れで制作しています

アクセス解析も利用しています。どんな記事が受けているのか動向を探るのが目的です。リニューアルの際にも、コラムはあまり読まれていないからやめよう、などと参考にしています。スマホだと長文ものを読ませるのはきついなと感じているので、テキスト量が少なめのインデックス程度の内容が向いていると思います。

他にもActibookを活用されている案件はありますか?

松下様: ダイエースペースクリエイト様との提携で、主婦向けの生活情報サイト「あなたの街のコンシェルジュ」 を11月22日にリリースしました。こちらでもWebへの誘導にメールマガジンと電子ブック活用を構想中です。

エリアマーケティング研究所様
電子ブック活用事例

また、提案ベースではありますが、不動産会社の物件閲覧ツールとしても電子ブックの活用をお勧めしています。物件を探しに来店したお客様に、従来のように分厚いファイルを開くより、電子ブック化してタブレット端末やノートパソコンで物件を閲覧してもらった方が見やすいでしょうという観点からのご提案です。

当社の会社案内にも電子ブックを利用していますよ。会社案内は、作る方は力を入れる割に、もらった方は捨てることまではしないにせよ、ほとんど読まずに机に積んだまま…ということが多く、もったいないと感じていました。印刷コストや環境への配慮から、電子ブックにしています

本日は、ありがとうございました!